忍者ブログ
*★*―――――*★*【TOPページ】へは・・・「レイン&マリンの部屋」をクリックしてください*★*―――――*★*―――――*★* 【最新記事】【カテゴリー】記事内の【青文字】にはリンクが貼ってあります(#^.^#)✿クリックしてみてくださいね。 『続き』は記事上の[1][2][3]・・・又は記事下の▲▼マークからお願いします。【カテゴリー】の中にお目当てがあったら…ラッキー❤一番簡単です     アンニョン(#^.^#)✿
プロフィール
HN:
レイン & マリン mama
性別:
女性
カテゴリー
2010年の夏から韓国ドラマに嵌りました。歌詞訳は2011年に入ってからです。独学で・・・ただ楽しくて~続けています。 

① 【カテゴリー】の中の名前を直接クリック❤ 
② 記事内の四角の枠の中 ≪2羽の鳥≫左横に 表示されているカテゴリー名(ドラマ名)をクリック❤ 
記事が全て登場します。続きは上の【1】【2】・・・下の▶マークからお願いします 

カテゴリー数が【100】までなのでテキトーに「映画」「ドラマ」の中にポイポイしています(笑) 
現在視聴中のドラマは・・・・ [ mama's Love]より下に表示されているドラマです。
ブログ内検索
コメント
お気軽にコメントくださいね。記事枠内の≪2羽の鳥≫の横にある【Comment】から書き込みが出来ます。横スレも気兼ねなく♡
[12/11 加藤T]
[12/11 加藤T]
[07/25 chonabono]
[07/25 chonabono]
[07/03 yukienee]
[06/26 とわこ]
[06/24 akko]
[06/24 かめ]
[06/24 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/22 akko]
[06/20 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/09 yukienee]
[06/09 テミン]
[06/09 ぽん]
[06/07 Nori ☆”]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カウンター
[761]  [760]  [742]  [739]  [737]  [736]  [733]  [732]  [729]  [728]  [727

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドリームハイ ゴール♪

10話に登場した名古屋ロケです。
セントレア空港から始まり・・・・見覚えがある場所が・・・・
しかし・・・・へんてこりんな和服姿のエキストラを強引に配置するのは・・・止めて欲しいなぁ・・・

観覧車がついているビルの中には・・・・ヨン様がプロデュースした韓国伝統料理店『高矢禮』 の姉妹店、korean dining bar『高矢禮 火』 
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ペ・ヨンジュンとともにプロデューサーとして名前が挙がっていた・・・・パク・ジニョン氏
ドラマの中では、ヤン・ジンマン先生・・・キリン芸術高校臨時英語教諭

1972年、韓国ソウルで生まれる。小学1年生の時に渡米し、2年余りニューヨークに居住。
1992年 念願の歌手デビューを果たすが、売れずに失敗。
      人気プロデューサーのキム・ヒョンソクから音楽理論を学ぶ。
1994年 ソロ歌手として歌謡界に復帰すると、セクシャルな衣装とダンスで注目を集め、一躍人気者となった。
1997年   個人事務所「テホン企画」(のちのJYPエンターテインメント)を設立する。
2003年には米国に進出し、ロサンゼルスを拠点にプロデュース活動をスタートさせる。
2004年にメイスの復帰作に曲を提供したのを皮切りに、キャシーウィル・スミスのプロデュースを手掛けるなどの実績を築いた[。日本でも活動し、AISMAPとコラボレーションを行った。
2007年にはプロデュース業のかたわら、約6年ぶりに歌手活動を再開
2008年には韓国の大統領直属諮問機関「未来企画委員会」の民間委員に任命され、2年の任期を務めている

JYPエンターテインメント 所属歌手
ジュ (JOO)  チンジュ  2AM  2PM   パク・ジユン(パク・チユン)  missA
なんだ!そういうことなのね

JYPエンターテインメント 所属歌手
god(ジーオーディー)  ノウル (Noel)   ピ (Rain)  ピョル  ワンダーガールス  

エピソードとして・・・・『盗作疑惑』まで・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中・高校生が・・・・・
「ねぇねぇ!昨夜の『ドリハイ』見た?テギョンのダンスカッコ良かった~
「ウヨンのダンスだって~
「スヒョンなんて、俳優なのに、歌もダンスもマジやばい
・・・・・なんて、ノリのドラマ・・・・mamaが迷い込んでしまったのが間違いでしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2人のイケメンとヒロインの三角関係の宣伝文句に期待したのに・・・・・・・・・・・・・・・
何かあやふやな、はっきりとした台詞も意思表示も無いまま・・・・・・Kissしているし~~~

歌とダンス・・・・・・ダンスは上手い確かに目がハートになることでしょう・・・
アフレコにしても・・・・もう少し何とかなったのでは????
ヒロイン・・・声楽を学び、世界に羽ばたくのが夢の役だったんでしょ?
明らかに映像と違う歌を聴かされえも・・・興ざめするばかり・・・本当に歌手?・・・・

ビルクス役の(IU)が、演技も歌も光っていました
最初は・・・・のウヨンも・・・・・  IUに引っ張られるように上手くなっていき・・・
このカップルには目が離せませんでした。面白かった。

ベクヒ役のT-araハム・ウンジョは、いつも安定した演技でした。
子役育ちなのね・・・納得

ただ1人歌手ではなくて俳優のキム・スヒョン
頑張っていましたよ~ダンスも歌も
方言交じりの言葉遣いは・・・もしかしたら・・・・『素』????
純朴であり、頑固であり、根っから優しい・・・・・うまく表現していたと思います。

コ・ヘミ役のMissAのスジ・・・・・・・・・・・感情表現が苦手な女の子の設定だから・・・・・・・・・・
言い聞かせるように・・・・・我慢していましたが・・・・・
台詞は、口の中でぼそぼそ・・・・たぶん、発声が女優さんとは違うのよね・・・
演技ダメ・・・表情ダメ・・・・歌ダメ・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダンスは、良かったです。
・・・・はぁ・・・・いくら事務所の子でも・・・・・・

テギョンも・・・・ワイルドな登場で・・・期待したんだよね
ところが・・・ベクヒに誘われるまま、ショーケースに出演した辺りから
ヘミへの愛は、消えうせて・・・・何を考えているのやら・・・なんやら・・・・・・分かんない状態。
いくら父親がらみであっても・・・・・おとなしいだけの男に成り下がっちゃった・・・・
『こんな父親でも・・・親は尊敬をしましょう!!』と、韓国の中高生に言いたかったのか?
『男』として・・・・かっこよかったのはベクヒのセクハラ事件
ベクヒ絡みが多いせいで余計に、ヘミとのことを応援する気になれなかった。
演技下手・・・・・脚本が悪かったのかな?

中年人が・・・盛り上げようと必死に頑張っていましたね~
オヒョク先生は、『名言集』を作りたいほど・・・身にしみる台詞のオンパレードでしたし~
ジンマン先生は、役なのか?自分の楽しみなのか?ノリノリでしたね。
シ先生・・・・・途中でキャラが変わって・・・お笑い系が入ってきましたが・・・・
ヘミョン姫が崩れ散ってしまいました。
しかし、オヒョク先生と結婚してくださったし~この2人は結構お似合いで良かった。


そして・・・・・・・・7年後
ジェイスン&ビルスクのカップルは・・・・
ベッキも・・・・
グクも・・・・・
サムドンも・・・・・

グラミー賞の舞台に立つサムドン・・・・・
「心配しなくて良いくらいBIGになったら・・あなたのことを考えてみるわ」って言わなかった?っけ?
サムドンの夢は、「世界制覇」ではなくて・・・・「ヘミと過ごすこと」でしょ?・・・・・
この夢が、変わっていなくて・・・・毎日頑張ってきたのであれば・・・・
『野放し』は、可哀想じゃない~
頑張った彼に駆け寄って・・・抱きしめてあげて欲しい・・・・・
そんなシーンをエンディングに見たかったです

最後の最後まで・・・・・ヘミに文句タラタラ・・・・・
これは彼女の力量が無かったせいもあるでしょうが・・・・・
演出家さんの力が無かった!脚本のミスでしょうね・・・・・

カメラアングルは・・・・良く考えられていて・・・・好きでした

なかなかドラマの中に入り込めずに・・・・適当に流しちゃったので・・・・
mamaの思い込み違いや、間違った解釈もあるかもしれませんが・・・・ご容赦くださいね 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 Only Hope & Dreaming - Dream High EP16[END]   (YouTube 削除)
 
ヘミが、自身のコンサート100回記念コンサートでサムドンに向けて歌った曲であり・・・・・
サムドン実家の外のトイレで・・・音を隠すためにヘミが歌った曲・・・・
この2場面は、曲を別のものにして欲しかったな・・・・・
もしかして・・・・まともに歌えるのは、この1曲だけ?

最初から、気を入れて歌っていたら良かったのに・・・・・・・
このシーンを最後に持ってきたのは・・・・ペ・スジの名誉回復のため?なんて・・・・

グクとヘソンの再会場面を見ていると・・・テギョンの演技は決して悪くない・・・・
グクの魅力不足は・・・・やっぱり脚本が良くなかったのかな・・・・・・・
 
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne