忍者ブログ
*★*―――――*★*【TOPページ】へは・・・「レイン&マリンの部屋」をクリックしてください*★*―――――*★*―――――*★* 【最新記事】【カテゴリー】記事内の【青文字】にはリンクが貼ってあります(#^.^#)✿クリックしてみてくださいね。 『続き』は記事上の[1][2][3]・・・又は記事下の▲▼マークからお願いします。【カテゴリー】の中にお目当てがあったら…ラッキー❤一番簡単です     アンニョン(#^.^#)✿
プロフィール
HN:
レイン & マリン mama
性別:
女性
カテゴリー
2010年の夏から韓国ドラマに嵌りました。歌詞訳は2011年に入ってからです。独学で・・・ただ楽しくて~続けています。 

① 【カテゴリー】の中の名前を直接クリック❤ 
② 記事内の四角の枠の中 ≪2羽の鳥≫左横に 表示されているカテゴリー名(ドラマ名)をクリック❤ 
記事が全て登場します。続きは上の【1】【2】・・・下の▶マークからお願いします 

カテゴリー数が【100】までなのでテキトーに「映画」「ドラマ」の中にポイポイしています(笑) 
現在視聴中のドラマは・・・・ [ mama's Love]より下に表示されているドラマです。
ブログ内検索
コメント
お気軽にコメントくださいね。記事枠内の≪2羽の鳥≫の横にある【Comment】から書き込みが出来ます。横スレも気兼ねなく♡
[12/11 加藤T]
[12/11 加藤T]
[07/25 chonabono]
[07/25 chonabono]
[07/03 yukienee]
[06/26 とわこ]
[06/24 akko]
[06/24 かめ]
[06/24 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/22 akko]
[06/20 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/09 yukienee]
[06/09 テミン]
[06/09 ぽん]
[06/07 Nori ☆”]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カウンター
[1]  [2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブレイン ゴール♪

医療物というよりも・・・・イ・ガンフンという人間の生き様がメインのドラマでした。
ですから・・・・主役のシン・ハギュン氏が全てを握っているといった印象を強く受けました。
別の俳優さんが決まっていて・・・台本合わせになって・・・却下されたという話も・・・・・
しかし・・・なかなか決まらず・・・・
主役の座を横取りしたという目で見られる
医療物に出演するには準備期間が足りない・・・・etc.
撮影に入るギリギリまで俳優探しに奔走していたとか・・・
こんな状態で引き受けたシン・ハギュン氏は・・・まさにガンフン?

オンマ死後は・・・
キム・サンチョル教授とのかかわりがメインのシナリオ
チョン・ジニョン氏の演技力も素晴らしく・・・・
2人とも口では蔑み・罵り合っているのですが・・・・
口とは裏腹のお互いに相手を思いあっているのが伝わって来て・・良かったです。

ハヨン&ボングの結婚式も最終話らしくて・・・
看護師長とテシクも・・・踊り場での濃厚なKiss設定は フザケテル~って思ったのですが・・・
ノーカット版を見たら・・・結構このドラマ・・・・オトボケシーンも盛り込まれていたのですね
mamaが見せていただいていた「M」版は・・・15分弱くらい毎話CUTされていたみたい


ただ・・・・・ガンフン&ジヘの恋愛は どうも中途半端な終わり方のような気がして・・・
ち~~~っとも進んで無いじゃん・・・・・
しかも・・・ジヘが折れちゃってはいけません
もしかしたら、エンディングロールの中にmamaが期待のシーンが潜んでいるのか?
CUTされた部分に関連場面があったのか?
こんな理由で・・・英語字幕で・・・・飛ばし飛ばしの再視聴
本筋は同じでした
(ガンフン&ジヘにスポットを当てるために・・・ジュンソクのジヘへの想いはかなりCUT対象になっていたことは分かりましたけれどぉ・・・


この終わり方・・・不満です

ジヘの唐突な『チェイル大学病院』へ移動する話は いらないと思います
ガンフンがへソン大学脳腫瘍センターの研究責任者とになり・・・・
一緒にジヘを連れて行こうとしても・・・
「いいえ、付いて行きません。」
ジヘがチョナ大学に残ることで十分 2人が別の道を歩み出す事になるのですから・・・・
サンチョル教授を亡霊にように使って・・・説くよりも・・・(ちょっと怖かった
身をもって・・・自分がどれだけジヘを愛しているのか?大切な存在なのか?気付かせるべきでしょう~~
そのためにも離れている時間は必要だったと思います。


「私は先生の事が好きです。
愛しています。
諦めるなんて無理でした。
私ほどではなくても・・・・先生も同じ気持ちだと思います。
同じ気持ちなら・・・・それが真実なら・・・・今回は先生が折れてください。
応援してください。
待ってください。」
「断る。応援できない。待ちもしない。・・・ただ俺の傍にいろ・・・・・
出来ないのなら・・・・・・お前が捨てろ」
(選択権をジヘに渡すのは・・・ズルイ気がします)


「・・・・・・・・・・・・・・
私がいないとダメなら・・・一度だけ会いに来てください。
そうしたら・・・永遠に離れません。」
(たった一度で・・・・許しちゃうのに~『一度だけ』もなかったわ)

・・・・(mamaの妄想が走ります)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1年後くらいに・・・・
チョナ大学にガンフンが現れて・・・・
「もぉ我慢できないんだ!お前を愛している
(一度くらいガンフンにも「愛してる」と言って欲しい
熱い抱擁  
感激シーンを・・・ボムジュン・テシク・スンマン・ボング・・・達に目撃され・・・
公認のカップル誕生 

またちょっと時間が流れ・・・・チョナ大学のいつもの風景・・・
中心にいるガンフン
(何度も出入りしているんだから・・・・またチョナ大学に戻って来ちゃっても良いでしょう
昔と同じように・・・『俺様的』態度をとったら・・・・・・
お調子者のボムジュンに「奥さんに言いつけますよ!」    END

かなり・・・・天邪鬼ぶりも見破られてしまうようになったガンフンですし~~~
最後は・・・・皆にちょっと突っ込まれる愛くるしいキャラになっても



オマケの文句をひとつ・・・・
ユジン   「私を大切にしてくれる人を探してみるわ。それでもいなかったら・・・戻ってくるかも・・・」
しかも・・・・ガンフンが微笑み返し
戻って来ちゃダメでしょう~こんな台詞を言わせる脚本家さん!ダメでしょう~
「私を大切にしてくれる人を探してみるわ。今までありがとう。さようなら」で〆なくちゃ・・・・
親子でお食事・・・・結構似合っていたんですもの・・・
ユジン・・かっこいい女性だったから幸せになってもらいたい

PR

この道の果てで「ブレインOST」



ブレインOST   BREIN ost
01. この道の果てで – ホン・ギョンミン   이 길의 끝에서 - 홍경민



イ キルィ ックテソ
이 길의 끝에서                  この道の果てで
ウスル ス イッッタミョン
웃을 수 있다면                  笑う事が出来たなら
ネ テダブン
내 대답은                     僕の答えは
ハン ポヌル サラド
한 번을 살아도                 1回生きても
トゥ ポヌル サラド カトゥル テニッカ
두 번을 살아도 같을 테니까         2回生きても同じだから
メマルン マウメ タアンビルル ップリョヂュン
메마른 마음에 단비를 뿌려준         乾いた心に恵みの雨を降り注ぐ
ネ ックミ イッッキエ
내 꿈이 있기에                  僕の夢があるから
スミ チャド ナヌン タルリル ス イッタゴ
숨이 차도 나는 달릴 수 있다고        息切れしても僕は走る事が出来る

 
オドゥウォッットン ット シドゥロッットン
어두웠던 또 시들었던              暗かった 既に萎えてしまった
イ カスマネ
이 가슴안에                     この胸の中に
セハヤン ピチュル チュンダド
새하얀 빛을 준다고               真っ白な光を与えると
イロケ ネ シmジャンウル ッツィゲヘ
이렇게 내 심장을 뛰게 해            こんなにも僕の心臓を躍らせる
 

ヘッサリ ヌンブシン クナレド
햇살이 눈부신 그날에도             日差しが眩しいあの日も
ハノpシ ピ ネリドン クナルド
한없이 비 내리던 그날도            限りなく雨が降ったあの日も
ハンボンド モmチュン チュエギ オpソッソ
한 번도 멈춘 적이 없었어           一度も止まった事がなかった
 

★★
オレッットン アン カンヂケオン
오랫동안 간직해온                長い間大切にしまっておいた
ハンサン ックmックォオドン イェギヌン
항상 꿈꿔오던 얘기는              いつも夢見ていた話は
チャックマン ノモヂョド
자꾸만 넘어져도                  何度倒れても
タシ ナル イルキョ
다시 날 일으켜                    再び僕を立ち上がらせる
 
 
チョグムン ヌリゲ カンダヘド
조금은 느리게 간다해도             少しゆっくり行くとしたって
チョグムン ト ヒmドゥン キリラド
조금은 더 힘든 길이라도            ちょっと...さらに辛い道のりだって
イ ックムル パックル スヌン オpタゴ
이 꿈을 바꿀 수는 없다고           この夢を変える事は出来ない
 
 
★★
 
 
 

イ サンチョ イブン カスムル アンゴソ
이 상처입은 가슴을 안고서              この傷ついた胸を抱いて
ナン キェソk タルリョワッソ
난 계속 달려왔어                    僕はずっと駆けて来た
ット ヌガ マガソド 
또 누가 막아서도                    誰が邪魔をしたって
ノモヂル スン オpソ
넘어질 순 없어                      倒れる事なんて出来ない
クゲ パロ ナヤ
그게 바로 나야                      それがまさに僕なんだ

 
ネ アネ スm スィヌン
내 안에 숨 쉬는                       僕の中で息づく
イェギヌン キェソkxッツェゴ
얘기는 계속되고                      話は続いている
チョ ハヌル ウィエソ ピッナヌン
저 하늘 위에서 빛나는                  あの空の上で輝く
テヤングァ カトゥル テニッカ
태양과 같을 테니까                    太陽と同じだから
 
ヌガ ナル マルリョド
누가 날 말려도                     誰かが僕を止めたって
セサンイ マガド
세상이 막아도                     世界が阻んだって
イ キルィ ックテソ ウンヌン サラm
이 길의 끝에서 웃는 사람              この道の果てで笑う人
クゴン キョルグk ナラヌン コル
그건 결국 나라는 걸                 それは結局僕なんだ
イ セサン モドゥルル カヂル サラm
이 세상 모두를 가질 사람             この世界の全てを手にしている人
クゴン キョルグk ナラヌン コル
그건 결국 나라는 걸                それは結局僕なんだ
 

憂鬱な手紙  ブレイン 19話より






憂鬱な手紙・・・ユ・ジェハ  유재하 - 우울한 편지



일부러 그랬는지               わざとそうしたのか
잊어 버렸는지                忘れてしまったのか
가방안 깊숙히    넣어두었다가      鞄の底の方に入れておいて
헤어지려고 할 때              別れようという時に
그제서야                   やっと
내게 주려고 쓴                僕に送ろうと書いた
편지를 꺼냈네                手紙を取り出した
 
 
집으로 돌아와서               家に帰ってきて
천천히 펴보니                 ゆっくり広げてみると
예쁜 종이 위에                綺麗な便箋に
써내려간 글씨                 つづられた文字
한줄 한줄 또 한줄              1行 1行 もう1行
새기면서                    心に刻みながら
나의 거짓없는                 僕の偽りの無い
마음을 띄웠네                 気持ちが浮かぶよ
 
 
나를 바라볼 때                 僕を見つめる時
눈물 짓나요                   涙を浮かべるのかい
마주친 두 눈이                 見つめ合った二つの目が
눈물겹나요                   涙ぐましいのかい
그럼 아무 말도 필요없이          それでは何も言わなくても
서로를 믿어요                 お互いを信じよう
 
 
어리숙하다해도                愚かだと言おうが
나약하다해도                  弱気だと言おうが
강인하다해도                  強引だと言おうが
지혜롭다해도                  賢いと言おうが
그대는 아는가요                君は知っているだろうか
내겐                        僕には
아무 관계 없다는 것을            何の関係もないという事を
 
 
우울한 편지는                 憂鬱な手紙は
이젠.....                      もう・・・

もっと近くに「ブレイン OST」

キム・ヒョンジュンが・・・・好きって言っていた曲



ブレイン OST
05. もっと近くに – キム・ヨヌ    더 가까이 - 김연우


プラネッットン マウm
불안했던 마음                  心細かった心
チチン パルゴルm
지친 발걸음                     疲れた足取り
ネ アmマン ポゴ サラオン コヤ
내 앞만 보고 살아온 거야           僕は前だけを見て生きてきた
サンチョ イブン カスm ヨロボル  ヨンギガ オpソソ
상처 입은 가슴 열어볼 용기가 없어서   傷ついた心を開く勇気もなく
ノルル チナヂヂマン
너를 지나치지만                 君が溢れてる
  

クロル スロk カスメ ッサヨガヌン ナ
그럴수록 가슴에 쌓여가는 나         尚一層 胸に溜もらせて行く僕
ハヂ モッハン マルドゥル
하지 못한 말들                  言えなかった言葉
ハゴ  シプン マルドゥル
하고 싶은 말들                   伝えたい言葉
 
 

カッカイ    ト   カッカイ   ニ キョテソ
가까이 더 가까이 니 곁에서          近くに より身近に 君の傍らで
オレッットン  チキョヂュゴ シポ
오랫동안 지켜주고 싶어            ずっと守ってあげたい
オンヂェンガ イロボリン
언젠가 잃어버린                 いつの間にか忘れてしまった
ソルレイムル
설레임을                       胸のときめきを
ネ マウメ タシ チャジャヂュン サラm
내 마음에 다시 찾아준 사람          僕の心に再び取り戻してくれた人

 
ヌリョヂヌン マウm
느려지는 마음                   落ち着く心
ピョナン パルゴルm
편한 발걸음                     心地よい歩み
ノルル ポル ッテミョン ヌッキル スイッソ
너를 볼 때면 느낄 수 있어            君を見るたびに 感じられる
チナン ヌンムルヂョチャ タッカヂュルコッカトゥン
지난 눈물조차 닦아줄 것 같은         過ぎた涙さえも 拭ってくれるようだ
ニ ソヌン ウウm
니 손은 으음                    君の手は
ネゲ ッタスハムル チョ
내게 따스함을 줘                 僕に温もりをくれるよ

 
ノルル ポミョン チャックマン ヌンガヌン
너를 보면 자꾸만 늘어가는           君に会うと益々大きくなる
タ チュゴ シプン マウm
다 주고 싶은 마음                 全て捧げたい心 
ト チュゴ シプン マウm
더 주고 싶은 마음                 もっとあげたい想い
 
(★)
가까이 더 가까이 니 곁에서 
오랫동안 지켜주고 싶어
언젠가 잃어버린
설레임을 
チャッケ ヘヂュン ニガ コマウル ップニャ
찾게 해준 니가 고마울 뿐야          呼び戻した君に感謝するだけ

 
イ ヂェ アルゲ ツェン コヤ イ マm
이제 알게 된 거야 이 맘             今頃気付いたんだ この気持ちに
ネリョノウル コッノランコル
내려놓을 곳 너란 걸               落ち着くところは 君なんだ
 

カッカイ ト カッカイ ネ モドゥン コル
가까이 더 가까이 내 모든 걸          近くに更に近くに...僕の全てを
ト ットゥゴpッケ アナヂュル ス インニ
더 뜨겁게 안아줄 수 있니           もっと熱く抱きしめてくれるかい
オンヂェンガ イロボリン サランイラン
언젠가 잃어버린 사랑이란           いつのまにか失った『愛』という
ク マルドゥルル タシ アルゲ ハン サラm
그 말들을 다시 알게 한 사람         その言葉を再び教えてくれた人
 
ト カッカイ ワヂュルレ
더 가까이 와줄래                 もっと傍に来ておくれ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映像は・・・・・BREINのガンフン & ジヘ だけれども・・・・・
この曲を聞くと・・・・・mamaの脳裏には・・・シン&チェギョンが浮かびます
懐かしくなって・・・・・貼っておきます

駆けつけるよ 「ブレイン OST」



ブレイン OST
04. 駆けつけるよ – キム・ドヒョン    달려갈 거야 - 김도현


ナン タルリョガル コヤ
난 달려갈 거야                  僕は駆けつけるよ
ノル テリョガル コヤ
널 데려갈 거야                  君を連れ出そう
ネ ソヌル チャpッコ オディドゥン カルゴ ヤ
네 손을 잡고 어디든 갈거야          君の手を握ってどこまでも行こう
スミ トkッカヂ チャオルラワド
숨이 턱까지 차올라와도            息があがっても
ノマン イッスミョン
너만 있으면                    君さえいれば
イ セサンウル タ カヂンゴヤ
이 세상을 다 가진거야             この世の全てを持ったのさ
 
テヤンウン  ヌル コギ イッットゥシ
태양은 늘 거기있듯이              太陽が常にそこにあるように
セサンウル ヌル ッケオイットゥシ
세상은 늘 깨어있듯이              太陽が常に目覚めているように
オンヂェナ ナウィ テダブン 
언제나 나의 대답은                 いつも僕の答えは
サランハンダ  サランハンダ
사랑한다 사랑한다                 愛してる 愛してるんだ
ネ モドゥンゴル トルリョヂュンデド
내 모든걸 돌려준데도               僕の全てを返したとしても
タシ ハンボン テオナンデド
다시 한번 태어난데도               もう一度生まれ変わるとしても
オンヂェナ ナウィ ソンテグン ビョナヂ アヌルテニッカ
언제나 나의 선택은 변하지 않을테니까     僕の選択はいつも同じさ

 



ネ トゥヌネ ピガ ネリョド
내 두눈에 비가 내려도             僕の両目に雨が降ろうとも
ネ  カスメ   キョウリワド
내 가슴에 겨울이와도              僕の胸に冬が来ようとも
チョルデロ ナウィ サランウル シグル チュル
절대로 나의 사랑은 식을 줄         絶対に僕の愛が冷めるとは
モルルテニッカ
모를테니까                    思えないから・・・
 
アルスオpヌン イ セサンエソ
알수없는 이 세상에서             分からないこの世の中で
ネ ソヌル チャブン ノル ミドゥニッカ
내 손을 잡은 널 믿으니까           僕の手を握った君を信じるから

 
ナン タル リョガル コヤ
난 달려갈 거야                  僕は駆けつけるよ
ノル テリョガル コヤ
널 데려갈 거야                  君を連れ出そう
ノワ ハmッケラミョン ムォドゥンヂ ハルゴヤ
너와 함께라면 뭐든지 할거야        君と一緒なら何でも出来る
ナウィ  カスミ  タオルラワド
나의 가슴이 타올라와도            僕の胸が燃え上がっても
テヤン ックッツカヂ サランハルゴヤ
태양 끝까지 사랑할거야           太陽の最期まで愛し続けるよ
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10・11・12話は・・・・
ガンフンのお母さんが大きな鍵
夫とガンフンを捨てて他の男に走ったのではなくて・・・・
酒びたりで・・・暴力を振るう夫から・・・お腹の子供を守るために逃げた母
ハヨンとは 実の兄妹だった
ガンフンが今まで恨んで恨んで・・・・・生きてきた事を後悔したと共に・・・
母を助けたいい一心で動く様子が・・・・・
医者でなければ抱えなかった大きな痛みでしょう・・・・・・

お母さんのソン・オクスクさん・・・・「ベートーベン・・・」の時も印象的でしたが・・・
上手いなぁ・・・・・

すっかりガンフンとオンマの二人に惹き込まれてしまいました。


ジヘの告白と・・・ガンフンのあの返事・・・・・
面白かったのに・・・
うっかり記憶から消しちゃいそうです

愛人の娘という負い目を抱えたユジン
最初は・・・嫌なイメージでしたが・・・・
お見舞いにも来ない本当の娘たちよりも頻繁に父親と接触している?
なかなか可愛い気がしてきちゃいました。
「恋愛」に計算はつきものだし・・・・
ガンフンの力になりたいだけが伝わってくるし・・・・
しかし・・・登場がほんのちょっと遅かったかな・・・・


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne