忍者ブログ
*★*―――――*★*【TOPページ】へは・・・「レイン&マリンの部屋」をクリックしてください*★*―――――*★*―――――*★* 【最新記事】【カテゴリー】記事内の【青文字】にはリンクが貼ってあります(#^.^#)✿クリックしてみてくださいね。 『続き』は記事上の[1][2][3]・・・又は記事下の▲▼マークからお願いします。【カテゴリー】の中にお目当てがあったら…ラッキー❤一番簡単です     アンニョン(#^.^#)✿
プロフィール
HN:
レイン & マリン mama
性別:
女性
カテゴリー
2010年の夏から韓国ドラマに嵌りました。歌詞訳は2011年に入ってからです。独学で・・・ただ楽しくて~続けています。 

① 【カテゴリー】の中の名前を直接クリック❤ 
② 記事内の四角の枠の中 ≪2羽の鳥≫左横に 表示されているカテゴリー名(ドラマ名)をクリック❤ 
記事が全て登場します。続きは上の【1】【2】・・・下の▶マークからお願いします 

カテゴリー数が【100】までなのでテキトーに「映画」「ドラマ」の中にポイポイしています(笑) 
現在視聴中のドラマは・・・・ [ mama's Love]より下に表示されているドラマです。
ブログ内検索
コメント
お気軽にコメントくださいね。記事枠内の≪2羽の鳥≫の横にある【Comment】から書き込みが出来ます。横スレも気兼ねなく♡
[12/11 加藤T]
[12/11 加藤T]
[07/25 chonabono]
[07/25 chonabono]
[07/03 yukienee]
[06/26 とわこ]
[06/24 akko]
[06/24 かめ]
[06/24 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/22 akko]
[06/20 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/09 yukienee]
[06/09 テミン]
[06/09 ぽん]
[06/07 Nori ☆”]
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
リンク
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヨンシル


  
大王世宗 OST
10 世界の終わり  세상의 끝

55話 『刀ではない力』
仕事に行く前に見ちゃって ・・・・・瞼パンパン
この回は・・・・『想い』重視
凄く良いシナリオでした。 太宗役のキム・ヨンチョル氏の演技に魅了されました

59話を見終えたところです。
「ヨンシルのためだ。この社会は彼にとって(才能が秀でている奴婢)冷た過ぎる。」
「生まれながらの運命です。」
「生まれながらの運命より 今の生き方が大切なのだ。生まれながらの運命で全ては決められない。それなら余も王座に就く運命ではない。忘れたか?余は3男だ。王座に就く運命ではない。」

朝鮮の未来を『朝鮮の暦』を作る事に賭け・・・・
秀でた才能のヨンシルに全てを託す決意をした世宗王に対して・・・・
ただ単に・・『奴婢』の身分の者が責任者になる事が認められない重臣たち

プライドばかりで・・・頭でっかちの重臣の言い分も分かるけれど・・・
mamaは・・・・世子の
「私は将来5代目の王になる。
お前は生来の奴婢。金で売買が出来るのだ。人ではない。家畜同然のくせに・・・」
イラッ
こんな息子が・・・次期の王になるなんて・・・世宗の苦労も水の泡となりそう・・・

なんとかしてよぉ~~~・・・で続きを見ます
睡眠不足になりそう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
60話
チョ・マルセン・・・・やーいや~い愉快痛快
ファン・ヒよ。良くやった
・・・・・・・・・・・・
え!?チョ・マルセンの罪を隠すの?キム・ムンを守るために・・・・・・・・
この人情深さが世宗だと 褒めるべきか・・・・
チョ・マルセンを排除する機会をなくしてしまう・・と、責めるべきか・・・


「・・・・・・・・・・・チャ・ヨンシルのように 国に必要な技術を得るため己を命をかけられるほど忠誠心の厚い者
その者には資格があります。彼よりも優れた知恵と才能を持ち 彼の知恵などかすんでしまう者にも資格があるでしょう。」

その口が  言うかぁ・・・・
まずは・・・めでたしめでたし・・・・・

あ!
父親を殺され・・・家族を賤民とされてしまった娘として・・・
側室が8人もいる夫の妻として・・・
徐々に 世宗への愛情が離れていきそうな昭憲王后・・・
今回は母として世宗を冷たい目で見ているようで・・・
こちらも・・・不安材料よね~
PR

54話

Se Sang Eh Ggeut
 
大王世宗 OST    
09どこかで・・・    어딘가에서…

元敬王后がなくなる寸前も・・・・・病気の民たちに何の抵抗も無く優しい手を差し伸べられていましたが・・・・
今回の 太宗上王の言葉が・・・なんとも優しさに溢れ・・・・静かにお願いをされた姿に・・・
うそぉ~~~  


「仕方ないな。そなたの決意は誰にも曲げられまい。」
(力ずくでも押さえつける太宗がぁ~ )

「余は知っている。
表向きは譲寧を支持していたが、譲寧には苦言を呈し続けていた。
いくら年が若くとも・・・息子のように思えても・・・
譲寧は そなたの息子ではなく 主君だった。
だから責任は そなたではなく 譲寧にある。
(無実であっても 罪をでっち上げてきた人がぁ~  )
お願いだ 工判
(お願い  有り得ない・・・うそぉ~ )
一度でいいから王様にも機会をやってくれ。
あの子は・・・王様は父である余が良く知っている。
(今まで息子の事など目もくれなかったって・・・以前言っていたジャン  )
譲寧とも余とも全く違うのだ。
人を慈しむ事を知っている。
何よりも人の話によく耳を傾ける。
どうか・・・この国の王に あまり長い間寂しい思いをさせないでくれ。」
(またまたお願いしたよぉ~  いい加減うるさいよね・・・・

舞台は宮中に戻り・・・・
チョ・マルセンと兵曹全体が反旗を翻した。
四面楚歌の状態にまでに追い詰められた世宗王
そこへ・・・・・
「忙しい農民でいるのに疲れましてな。
この国に暇な農民を増やしたいと?
ならば・・・王様は朝鮮の天の主になるべきです。」

太宗上王がお願いしていた相手・・・ファン・ヒ登場
面白い展開になって来ました

2012-9-20.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近 『イニョン王妃の男』『仁顕王后の男』でいらっしゃる方が凄く多くて・・びっくり・・・
ありがとうございます。
「大王世宗」は緊迫して見ているので・・・・あの「」が懐かしく感じます。

ちょと休憩タイム・・・・
気分が乗ってこないのには・・・理由が・・・・
こんなに気になるんだったら・・・日本ガイシホール行くべきだったかな・・・・・ボソッ

48話 事実が・・こうなるの・・・

2012-9-19.jpg
























始まりからして・・・美化し過ぎていると思ったけれど・・・
ついには結末まで変えられてしまっているのですね。
長年に渡り韓国が賠償としてお米を献上していた事実は何処へ行ってしまったのやら・・・・
しかも・・・まだ続きがあった
『この戦いで注目すべきは・・・・世宗が取ったその後の対応にある。
朝鮮軍は 征伐のみで 占領はしなかったのだ。
朝鮮は その後対馬を植民地にする事もなかった。
朝鮮は対馬を入国の入り口にする事で対馬の外交的地位を高めた。
さらに1426年には 釜山浦 塩浦 萕浦 を開港した。
貿易を振興することで 経済的安定を保障したのだ。』

負けた事実を隠しただけでなく・・・・功績まで手に入れてしまいました・・・・
これは・・・・・・日本人としては悲しいことですよね。
(韓国人は、このように教え込まれ・・・・
日本人は、深く追求した歴史を教えられてきませんでした。(真面目に授業を受けていないmamaだけかも


ついでに横道の一つ

韓国の社会科の教科書・天気図には・・・・『日本』は記載されていないようです。
『描くに足らない小さな島国』と言う認識を国民に植え付けているので・・・・
韓国よりも日本の面積の方が小さいと信じている人が 驚くほど多いのが事実。

両国が記載されている地図を探しましたが・・・・・ない・・・
何とかたどり着いたのが 2002ワールドカップの時メディアから公表された地図
しかし!!!縮尺図の比重が違うのです。
★ 韓国・日本 縮尺の違う2枚の地図を並べる(韓国を大きく・日本を小さく)
★朝鮮日報では・・・両国を1枚の地図の中に並べましたが・・・・コレ韓国に公表され地図一番上
実際と全く違うことは・・日本人なら誰でも分かりますが・・・
初めて両国が並んだ地図を見た韓国の人たちは・・・・・思い込んじゃうでしょうねぇ・・・

比較のために・・・下左は韓国を1に対した日本  下右は日本を1に対した韓国

日本人としては考えられないことです。まさか・・・面積までも・・・
学校教育で・・・このように扱われるなんて・・・悲しいことです。
2012-9-18-2.jpg



正しいのも載せなくちゃね日本・・・総務省統計局発表のアジアの地図の一部
朝鮮半島は・・・北朝鮮+韓国 まだ日本より小さいですよ~~~~
2012-9-19-3.jpg
 

46話

大王世宗 46話 ドラマのナレーション
『1419年6月20日
対馬征伐の第一歩 豆知浦での戦いは このように朝鮮軍の圧勝に終わった。
高麗時代から朝鮮時代にかけ 倭寇は朝鮮全域で略奪を繰り返してきた。
今回の戦いは そんな倭寇に対する我が国の強い戒めと言えるだろう。
敵船の被害は129隻にも及んだが 敵兵の死者はわずか130人であった。
征伐戦ではあったが敵兵の被害を最小限に抑えた人道的な戦いだった。
しかし対馬征伐は まだ始まったばかりであった。』

今まで描かれてきた世宗の性格から考えたら・・・『人道的な戦い』と言えるのかも?とは、思ったけれども・・・
実験を握ってきたのは・・・あの太宗であるし・・・
朝鮮の大砲を備えた軍艦に対して・・・対馬は弓と槍だけ・・・・・本当嘘でしょう
どうにも朝鮮王朝を美化しすぎている気がして・・・  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウィキペディアより・・・応永の外寇(己亥東征)

戦争:    応永の外寇(己亥東征)자신해동정
年月日:   1419年6月20日 - 1419年7月3日
場所:    日本対馬
結果:    対馬(日本)軍の勝利、李氏朝鮮軍の撤退。

交戦勢力   対馬国(日本)       李氏朝鮮
指揮官    宗貞盛          世宗 李従茂
戦力      600人           17,885人
損害      ~20人戦死        2,500~人戦死
(20人は・・・いくらなんでも120人の間違いだと思います
(後年の編纂物『対州編年略』では、日本側の死者123人、朝鮮側は2500余人)

李氏朝鮮側の被害は日本の資料では死傷者2500以上
『世宗実録』では6月26日の襲撃で死者百数十人、7月10日の記録では180人とされているが、
総数の2%程度の損害で和平を受け入れるとは考えにくく 6月26日は敗戦と自ら明記し将官も戦死していることからも、全体の被害は相当数にのぼると思われる。
総じて朝鮮軍は不利であったようであり、この事は保護された中国人の扱いにおいて「対馬での朝鮮軍の弱小ぶりを詳細に見たことから中国に返還できない」と主張する左議政朴訔に対し右議政李原らは「事大の礼を尽くして送り返すべき」と反論したという記録や、朴実が敗戦の罪により投獄され、李従茂が国民への影響を理由に免罪となった事からも窺える。

(え?朝鮮軍が メチャ弱かったという事
映像で出てきた  大砲を積んだ戦艦・・・実在しなかった(?)みたい・・・
弓矢も・・・朝鮮軍は届きもしなかったとか・・・・
対馬の3倍もの兵士を送り込んでおきながらの敗戦・・・ドラマとはかなり違う事実だったのでしょうね。
(韓国の人たちは・・・疑いもなく信じているのでしょうね・・・・  )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お笑い!応永の外寇  2011年9月5日』として・・ブログを書いて見える方が見えました。

興味深かったのは・・・・この当時の軍服・鎧 画像を載せて見えます。
なんと!!!綿入り布の甲冑 ドラマのような甲冑は存在していなかった

この方のブログの内容と・・・ウィキペディアの内容と非常に酷似しています。この方が編集?
ウィキペディアには・・・2012年8月付けで・・・「この記事には複数の問題があります。」って注意書きがありました。
注意書きの日付が気になったmamaでした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                          yahoo!知恵袋より
韓国の教科書では以下のように書かれています。
≫世宗のとき、李従茂などが200余隻の艦隊を率いて
≫倭寇の討伐に向かい、対馬島を征伐した
(韓国国定教科書より・・・韓国は教科書は国定のみ)

日本の教科書には以下のように書かれています。
≫宗氏の当主が交代し、倭寇の活動が活発になったため、
≫1419年、朝鮮軍は倭寇の根拠地と考えていた対馬を襲撃した。
(詳説 日本史・・・山川出版社)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恥ずかしながら・・・mamaは・・・『倭寇』とは?から・・・

14世紀前後の北九州から朝鮮半島南部、明国沿岸にかけての東アジアの海上世界は、日本人や中国人・朝鮮人らの諸民族が往来し雑居する状態にあり、それら諸民族からなる倭寇(前期倭寇)が活発化していた。
倭寇(わこう)とは、一般的には13世紀から16世紀にかけて朝鮮半島や中国大陸の沿岸部や一部内陸、及び東アジア諸地域において活動した海賊、私貿易、密貿易を行う貿易商人の事である。

倭寇の取締りに協力的だったのが 対馬国の守護代宗貞茂が 1418年4月病死後
若年の宗都都熊丸(貞盛)が跡を継いでから・・・・収集できずに倭寇は再び活発化

前期倭寇・・・・主に日本人で一部が高麗人
元寇に際して元軍とその支配下にあった高麗軍によって住民を虐殺された対馬・壱岐・松浦・五島列島などの住民が中心であり、「三島倭寇」と総称された。
清の徐継畭の『瀛環志略』や李氏朝鮮の安鼎福の『東史綱目』には、倭寇の原因は日本に対する侵略行為を行った高麗人(朝鮮人)への報復である、と記述されている。
朝鮮半島で唯一稲作が盛んに行われていた南部の沿岸地方を中心に襲撃し、食料や人間を強奪していることが挙げられる。さらには、連れ去られた家族を取り戻すためであった事例もあり、実際に家族と再会した記録も残っている。

後期倭寇・・・・中国人が多数派で一部に日本人をはじめ諸民族を含んでいたと推測されている。


『倭寇とは「倭(日本)による侵略」という意味で、中国、朝鮮では日本人海賊を意味する。
朝鮮半島や中国において排日感情の表現として使用される事がある。
現代でも、韓国人や中国人が日本人を侮蔑するときに用いており、「野蛮人」のニュアンスを含む。』

高麗軍の虐殺も・・・中国人が多数であったことも・・・・全て消されてしまって・・・
このような意味で使われるのは・・・悲しいどうしてなのでしょう
韓国人・中国人の思い込み?
日本が『恥』の部分を隠している?
しかし・・・戦いに一方だけが悪いって事は 無いと思うのですが・・・・よく分からないまま
ハッキリ分かったのは・・・・「大王世宗」は・・・綿の入った甲冑を着ているようですが・・・
将軍クラスは・・・皮の甲冑を上に着ているみたい・・・・
「大王世宗」よりも昔の・・・・・「チュモン」「風の国」「大王四神記」「善徳女王」「階伯」・・・・・・・・・
あのカッコイイ鎧は・・・・・絶対に無かった!!!ということ・・・


2012-9-18.jpg
 

44話まで


大王世宗 OST
08 征伐

心に残った台詞を書き留めておこうと思っていたのに・・・・
毎回   ・・・・・の状態で・・
次回が気になって・・・・・どんどん進めているうちに
何が何だか分からなくなってきました。

今の段階では・・・・太宗の暴君ぶりに辛い状態です。
こんなことなら・・・まだ世子の方がましだったのかも・・・・
世子は まだ・・・朝鮮の民を・・・子供たちを犠牲にしてまでも突き進む事はしませんでしたから・・・・

忠念大君・・・世宗・・・と王后は仲睦ましいと思っていたのに・・・
8人もの側室がいることに不思議に思っていましたが・・・・太宗の悪行の一つだったのですね・・・

あ~~~~~見ていて腹立たしい・・・太宗め・・・・
そして・・・・世宗にも・・じれったさを感じる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
28話
「我々には処刑する資格がありません。
王様と王室全てが 惨殺された高句麗王族に謝罪し
遺族を慰労して補償をせねばなりません。
恥ずべき過去を清算し 再出発をするのです。
例え1つでも民の命を軽んじれば....王室は存続の意味を失います。
王様と王室が 心より悔い改め謝罪しても反乱軍が攻撃を続ければ・・・
その時はこの者を処刑します。」

29話
「起こすな・・・友が寝ているんだ」

38話 
「貴方の元を去る日が来ることは 予感していました。
分かっていたのに
足取りが・・・
貴方から去る足取りが こうも重いとは思いませんでした。
貴方がどこかで私を呼んではいないか?
捨てきれない未練を抱えたまま いつまでも道を彷徨っています。
ですが未練だけでは 生きていけません。
貴方を絶望の淵に 追い詰めてしまった私を
許す自信もありません
だから・・・貴方が涙した場所
悲しむ貴方の傍で 無謀にも生きたいと願った場所
その場所で 貴方とお別れします。
どうか・・・貴方の人生が辛くないように・・・
悲しいだけでないように・・・
祈っています。」
(オリは、高句麗復興勢力の中間達の死の恨みをはらすべく・・・
世子に近付いたものの・・・世子の悲しみを目の当たりにして 本気で愛してしまったのね。
このシーン物凄く切なかった。世子が自ら張り紙をして選んだ道だと知っていたら・・・
二人は密かに普通の民として生活が出来たのでしょうか・・・・・)

「世間はお前を賢者ではないと言う・・・それでも努力するか?
お前が否定するこの国のために 献身できるか?」
「努力します。
妥協点を探そうと努めれば...きっと歩み寄れます。
お互いの意見を尊重していけば...最悪でなく最善の結果を得られるはずです。
努力します。
1人ではなく 臣下たちと共に 力を尽くします。」

39話
「匙を持て そして一つ残さず食べろ
甘えた事を言うな いつまで逃げる気だ
・・・・・・・・・・・・・・・
王は 無理だと分かってもやらねばならぬのだ。
たとえ民が飢え様とも・・・
たとえ兄弟を殺し 臣下を追放し 
妻の心に杭を打ちつけ傷つけようとも
口に飯を押し込み 眠らなければならないのが国王なのだ。
匙を取れ
飯に涙をかけて流し込もうが・・・怒りで飲み込もうが構わぬ。
耐えて打ち勝つのだ。どんな時も強さを忘れてはならぬ。
体を傷つけてもならぬ。
なぜなら王とは・・・朝鮮そのものだからだ」

この時の太宗には父親として・・・・上王として・・・温かみを感じる人間だったのに・・・・
なぜ・・・・野獣になってしまった?
常に独りだった自分に比べ・・・皆から慕われ・・・側近とともに歩む姿が妬ましかったのかしら?
唯の嫉妬




忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne