忍者ブログ
*★*―――――*★*【TOPページ】へは・・・「レイン&マリンの部屋」をクリックしてください*★*―――――*★*―――――*★* 【最新記事】【カテゴリー】記事内の【青文字】にはリンクが貼ってあります(#^.^#)✿クリックしてみてくださいね。 『続き』は記事上の[1][2][3]・・・又は記事下の▲▼マークからお願いします。【カテゴリー】の中にお目当てがあったら…ラッキー❤一番簡単です     アンニョン(#^.^#)✿
プロフィール
HN:
レイン & マリン mama
性別:
女性
カテゴリー
2010年の夏から韓国ドラマに嵌りました。歌詞訳は2011年に入ってからです。独学で・・・ただ楽しくて~続けています。 

① 【カテゴリー】の中の名前を直接クリック❤ 
② 記事内の四角の枠の中 ≪2羽の鳥≫左横に 表示されているカテゴリー名(ドラマ名)をクリック❤ 
記事が全て登場します。続きは上の【1】【2】・・・下の▶マークからお願いします 

カテゴリー数が【100】までなのでテキトーに「映画」「ドラマ」の中にポイポイしています(笑) 
現在視聴中のドラマは・・・・ [ mama's Love]より下に表示されているドラマです。
ブログ内検索
コメント
お気軽にコメントくださいね。記事枠内の≪2羽の鳥≫の横にある【Comment】から書き込みが出来ます。横スレも気兼ねなく♡
[12/11 加藤T]
[12/11 加藤T]
[07/25 chonabono]
[07/25 chonabono]
[07/03 yukienee]
[06/26 とわこ]
[06/24 akko]
[06/24 かめ]
[06/24 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/22 akko]
[06/20 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/09 yukienee]
[06/09 テミン]
[06/09 ぽん]
[06/07 Nori ☆”]
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
リンク
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日も愛しているペク・チヨン「姫の男」



もう・・・・最初に貼った動画が削除されちゃった~
姫の男 OST 
      01. 오늘도 사랑해 - ぺク・チヨン  今日も愛している


パラボル ス パッケ オpソソソ
바라 볼 수 밖에 없어서     見つめるしか出来なくて

マンヂル スガ オpソソ スルボ
만질 수가 없어서 슬퍼     触れる事も出来なくて 哀しいよ

パロアペソ  インヌン  クデ
바로 앞에 서 있는 그대     すぐ前に立っている君

クリゴ  ク  ツィエナ
그리고 그 뒤에 나        そして、その後ろに僕



ハンサン クヌリ チン コセソ
항상 그늘이 진 곳에서     いつも隠れたところで

クヌリ チン オルグルロ  ウロ
그늘이 진 얼굴로 울어     知られないように泣いて

トラパァ タルラゴ  モッハヌン  ナヤ
돌아 봐 달라고 못 하는 나야  振り向いてごらん と言えない僕

ット ヌンムリ ナヌン ナヤ
또 눈물이 나는 나야       また涙が溢れ出る




ネイリ ワド サランヘ
내일이 와도 사랑해      明日も 愛している

オヂポダ   ト サランヘ
어제보다 더 사랑해      昨日よりも もっと愛している

カスm アネ インヌン マル
가슴 안에 있는 말       胸に秘めた言葉を

ッコ ネヂ モッ ハンチェ
꺼내지 못 한 채        取り出す事もできないままだけど

オヌルド クデルル  サランヘ
오늘도 그대를 사랑해    今日も 君を愛しているよ




クデ ツィエ  イッッキヌン  シロ
그대 뒤에 있기는 싫어    君の後ろにいるのは嫌だ

メイル ヨペ イッッコマン  シポ
매일 옆에 있고만 싶어    毎日君の横に居たいだけなのに

クナリ オギルル ウォ ナヌン ナヤ
그 날이 오기를 원하는 나야 そんな日が来るのを願っている僕

クッテム ネ サヌン ナヤ
그 때문에 사는 나야      そのために生きている僕




★★
ポゴ イッソド  クリウォ
보고 있어도 그리워       見ているだけで 恋しくて

カチ イッソド  ウェロウォ
같이 있어도 외로워       一緒にいても 淋しくて

ホンジャマン ハヌン イ サラン
혼자만 하는 이 사랑       僕だけの片思い

ック チ ポイヂ アナ
끝이 보이지 않아         ゴールが見えない

ソロウル マンクm ヒミ トゥルヂマン
서러울 만큼 힘이 들지만    哀しいくらい辛すぎるけど


(★)
ネイリ ワド  サランヘ
내일이 와도 사랑해      明日も 愛している
オヂェポダ ト   サランヘ
어제보다 더 사랑해      昨日よりも もっと愛している
カスm アネ  インヌン  マル
가슴 안에 있는 말       胸に秘めた言葉を
ッコネヂ モッ ハンチェ
꺼내지 못 한 채        取り出す事もできないままだけど
オヌルド クデルル   サランヘ
오늘도 그대를 사랑해    今日も 君を愛している
クデマン  サランヘ
그대만 사랑해          君だけを愛しているよ



ネ マm ハナド モルヌン 
내 맘 하나도 모르는     僕の気持ちに全く気付かない

パボ カトゥン  ク  サラm
바보 같은 그 사람      鈍感なその人

ネ ヌン アペ  ク サラm
내  눈 앞에 그 사람      僕の目の前の その人

クレ   クデニッカ
그래 그대니까         そう   君なんだから


★★
보고 있어도 그리워
같이 있어도 외로워
혼자만 하는 이 사랑
끝이 보이지 않아
서러울 만큼 힘이 들지만


(★)
내일이 와도 사랑해
어제보다 더 사랑해
가슴 안에 있는 말
꺼내지 못 한 채
오늘도 그대를 사랑해
그대만 사랑해
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

言いたくても言えない・・・・・とても切ない想いの歌だと思って・・・・・・
セリョンの愛の方が・・・・・はっきり表に出ていたような気がして・・・・
スンユのつもりで書いていたのですが・・・・・・・・・

全くもって・・・・不本意ながら・・・・・・・・・・
「シン・ミョン」の歌のように感じてきちゃいました 
 ミョン目線の動画を探してみたのですが・・・・・・・・・・・・・
見つけられませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・・mamaも悪口ばかり書いていたよね~

『一途な恋』だったんだけれども・・・・・なぁ・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お散歩    行ってから・・・・今日は教室   
最終回の前に・・・・頭の整理でもしなくちゃ



PR

姫の男

残すところあと1話・・・・・・23話まで見終えました。

20話 
新婚さんのような束の間の甘い生活・・・・・ニタニタしながら見ちゃいました。
甘い場面の後に押し寄せてくるのは・・・・甘ければ甘いほど辛くなる場面・・・・・
子煩悩パパが・・・・辛辣過ぎて・・・・・壊れた  人間を離れ、『鬼』と化してしまいました。
愛娘を奴婢にしてしまう父と・・・・・・・
奴婢であれ、何であれ・・・・・自分の手元における事に喜ぶシン・ミョン
「・・・・・・・・・俺のものだ」には・・・・・寒気がしちゃいました。
ソン・ジョンホ氏には悪いけれど・・・・もぉ・・・mamaダメ
ミョンは、受け入れられない。

21話
Kiss Kiss Kiss・・・・・・
今まで『史劇』って・・・・・・・そっと手を握って~頬染める
そんなイメージだったけれども・・・・・・全然違和感なかった・・・・良かった~

今までの危険とは、桁外れな王に絡んだ事で愛する人が捕らえられたら・・・・・
気丈な女将であっても・・・・「スンユの居場所を言うから・・・その人を許して!」
致し方ないよね・・・・・・・・

22話
このドラマの中で1番泣いた回・・・・・
「一旦停止」を押して・・・しばらく泣き続けていたくらい・・・・
ジョン&スヒョンの2人に・・・・・
気高く・・・・美しく・・・・・潔く・・・・・・・
共に「大丈夫だよ」と、言わんばかりに・・・・最後まで『微笑む姿』・・・・

この動画を見るたびに・・・・泣いています。
『姫の男」・・・・・・・チョン・ジョンもキョンヘ公主の夫・・姫の男なんだよね・・・・
恩師に続き・・・ジョンまでも・・・・最後にかける言葉は、ミョンに対しての切なる願い・・・・
どうしてミョンには、響かないのでしょう・・・・・・・

    
        

姫の男

ドラマ本編から外れて・・・・芸能情報をウロウロしたり・・・・・
今回は御1人に頼っていたので・・・他の方の「あらすじ」を読んでみたり・・・・・
昨日は1日中、外出
・・・・と、視聴の足並みを緩めてみたけれども・・・・・
頼りのサイト・・・・別のドラマの翻訳をUPしてみえました・・・


一気に見てしまうと・・・・あのシーンは何話だったっけ?なのよね~
18話 
セリョンが「このまま一緒に逃げましょう・・・・」のバックハグの場面
ジョンとキョンへ公主のKissシーン


スピード減速で・・・・視聴しながらブログを書いています
19話
スンユの牢破りが、どんなに危険な行為か分かっているのに・・・・
ただ島流しの船で 隣に繋がれた『縁』と言ってしまったらそれまでなのに・・・・
スンユ・リュシ夫人・アガンを匿っているだけでも危険な行為なのに・・・・
ソクジュ親分の肝っ玉の大きさ・胸の広さ・大きな男を感じ・・・・
始まったばかりで・・・・もぅ 
そこへ「僕も僕も~~~」  (あんたは『遠足』にでも行くのかい
ヒョウヒョウとしているけれども・・・・ノゴルも只者じゃないわよね~

どんなに拷問されても・・・・
「キム・スンユは死んだ」の一点張り
スヤンを王と認めるくらいなら死んだほうがマシ
確固たる信念を持った人達の言葉に・・・・・スヤン王をはじめ怒り狂う人たち・・・・・・・
mamaは・・・ばかりでしたが・・・・
ミョンが・・・『動揺』していたのよね・・・・・
動揺と共に・・・・改心へと、向かって欲しい・・・・・

宮を抜け出してキョンヘ公主宅に来たセリョンを見たスンユ
何度も何度も「危険な事はするな」と言っているのに・・・・・・と、思いつつも
変わらぬセリョンが 一層愛しいのでしょうね

「本当に大丈夫か?」  (きゃ~腕掴み!!mama・・・グイッ!!萌えポイント)
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・身体は離れていても・・心はいつも一緒です
ソクジュの「早く行け!」
だよね~~~こんな所でイチャイチャしている場合では無いでしょう~
身体が離れて・・・・手が届かなくなる瞬間まで 手を繋いでいるし~
このドラマの監督さん・・・・何気に『手フェチ』よね・・・・・
mamaもこの世界へ引き込まれて・・・いつも、ついつい・・・目が手に行っちゃう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あなたたちが死を覚悟したからって・・・・・・・・・・
『これからの全て』をスンユに任せるのは、あんまりじゃない~?
しかも亡き父に報告までしちゃうの?プレッシャーじゃない~
ジョンよ・・・・・・キョンヘ公主までお願いしちゃわないで~
あなただけは・・・スンユの傍にいなくちゃ・・・・
(スンユの傍・・・・・ミョン?ミョンが来る?・・・先走りすぎ???
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイホームパパが・・・・「殺害計画」に娘が加担としたと思って・・・ショック
マイホームパパでなくてもショックなのに・・・・
彼の心にどんな変化をもたらすのかしら・・・

「・・・・・・・・・・・命よりもより大切なものとはいったいどんな信念なんですか」(あんたが言うか~
声を荒げるミョンに対して ジョンもイ・ゲ師も落ち着き払った声・・・・
見捨てたジョンと違い・・・・恩師は最後まで立派な人間です
まずお礼を言って・・・・その心でスンユとの和解を願った  
「殺し合うのではなく・・お互いに助け合う友となって欲しい」
・・・・・・・・・・・・無理?本当に無理???

アガン・・・・・この子・・・・凄い
もぉ・・・・・完全に涙腺崩壊 

夫の命を救うために全てを投げ出し・・・・・
「王様」と呼んだ・・・
憎むべき相手を王と認めざる得ないキョンヘ公主・・・
土下座をして願い請うしかないキョンヘ公主・・・・

「なぜ 俺だけなんだ!俺も一緒に殺せ~ ・・・・・・・・・先生!先生~」
自分だけ八つ裂きの刑から外されて・・・狂うように叫ぶジョン
ジョンの命が救われた事を心の底から喜ぶ恩師達・・・・



見ていて・・・辛くなる・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに・・・スヤンに何を願い出ているの?
「Abolish the King・・・・・・・・・」
取れない台詞は・・英語字幕。それでも分からない単語は翻訳機。それでも???だったり・・・
端宗を廃位させろって事?法令を出してくれ?って・・・・


「私の身体は、両親のものと言います。・・・・・・・・・・私は私達の血縁関係を維持できません」
髪を切り落とした・・・親子の縁をセリョンの方から断った。
スヤン王・・・娘の言葉に・・・目に涙いっぱい溜めていたじゃない~

どうなるの~




この字幕付きのダイジェスト版をUPしてくださっている方・・・・
登録国・・・韓国になっている 
コメントを見てみると・・・・放送日の翌日にUPしてみえるようで~


日本で「衛星劇場」での放映が 決定したそうですが・・・・・・・
字幕付きでmamaが見れる日は・・・何時やってくるのか・・・・

たった1話・・・19話を見ただけで疲れきった
mamaの感想なんてだれも待ってもいないし~
自分で読み返して・・・・・ウザイかも~
『時間の無駄』というやつだったかも・・・・・・・

姫の男


15話です
ず~~~~~~~~っと 泣きっぱなし・・・・・
スンユとセリョンの2人に対しては・・・モチロンの事・・・・

不甲斐無い男で・・・・・なんとも情けなく思えたチョン・ジョンが・・・・
妻を守るために 優しさに「頼もしさ」を兼ね備えてまさに『男』となって
自ら牢へ行く様に・・・・・・
王である父の庇護の下・・・他人を思いやる心など持ち合わせていなかったキョンへ公主が
馬鹿にして見下していた夫を案じる様に・・・・・・・・・
まさか!この2人に泣かされるなんて思いもしなかったわ・・・・

幼き王 端宗も亡き父(文宗)に「申し訳ない」と心で謝りながらの苦渋の選択
「これ以上の死人は出したくない。叔父上に王位を譲ります。叔父上を信じます。」
普通 もはや信じられないでしょう・・・・・・・・・・・なのに・・・切なる願いなのよね・・・

出演者全員の立場・行動・・・・『想い』がちゃんと表現されているのよね
だから・・・・こちらにもちゃんと、伝わって来る。
一本筋が通ったところに・・・・繊細に枝葉が茂ったかのようなドラマ・・・・ウ~ン伝わるかなぁ
切なくて・・・哀しくて・・・・ 涙が止まらない・・・・・
けれども・・・・優しさや思いやりの心も織り込まれていて・・・・・
『感情』重視のmamaのツボにすっかりはまっちゃいました


腹が立ってならない人間が・・・1人
スヤン大君じゃないのよ~
シン・ミョンなの!
友達を裏切り・・・・汚名を着せ、家族殺害にも加担して・・・・
親友の恋人と知りながら・・・・・「ずっと共に生きよう」だの「守る」だの・・・・
結婚式の介添えをチョン・ジョンに頼むのも厚かましいが・・・
自分の行いは棚に上げて・・・「裏切りだ」とジョンを責めるなんて・・・・
『厚顔無恥』も甚だしい
どんな神経をしているのでしょう・・・・・・・

スヤン大君には全く好感は持てないけれども・・・・
幸せ=地位と名声
自分が王になる事によって・・・家族にも地位が与えられて幸せになると、信じて疑わない
家族が喜ぶと思っているところが・・・・・軽蔑すべき人間なんだけれども~
mama的には、救いの手を差し伸べたくなるんだよね・・・・・
(騙していたわけではなくて・・・・)妻の目に映る彼は・・・とても優しいマイホームパパなのでしょうから・・・・・
何とか改心してくれないかなぁ・・・・・
改心したところでスンユの怒りは鎮まらないのでしょうけれども・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はっ!と、気付いた・・・・
mamaが頼りにしている丁寧に翻訳をして見える方・・・・・18話でストップしている
あちゃ~~~!!
「必ず最後まで行きます。お待ちください。」・・・・・・・・・・
待つべき?待てる?どれくらい?
1時間のドラマの翻訳にかかる時間は・・・・1時間の何倍にもなる事でしょう・・・・・
残り6話となると・・・・・
どうしよう~

14話のお気に入り場面

姫の男

2011-10-14.jpg全て『復讐』のためと・・・・
自身に言い聞かせて セリョンを拉致したスンユ

いつも頭の中には セリョンが存在し・・・・
いつもセリョンの声が聞こえ・・・
いつも目は、セリョンを探し・・・・
つい足は、セリョンを捜し・・・・
張り裂けんばかりのスンユの心は、セリョンを求めて悲痛な叫びを上げているのに・・・・・・

スンヨ・・・・・怖いよ・・・・・

セリョンの「必ず、生きて・・・私を殺しに来て下さい」
憎まれても良い・・・・・どんな目的でも良い・・・たとえ自分を殺しに来ると言う理由であっても・・・
ただただ・・・・・・生きていて欲しい・・・・
彼女の唯一の望み・・・・

スンユ自身が心の奥底に閉じ込めた『愛』を早く解き放って欲しい・・・・

婚礼の日を選んだのだって・・・・・
スンユは、錦城大君達の計画を全く知らなかったのだから・・・・・
彼の胸が、『婚礼』を拒否したのでは無いのでしょうか・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

休憩タイム

韓国の俳優さんたちは・・・・・逞しい身体の人たちが多いのね~
サービスショットがあるから・・・鍛えるのか?
鍛えているから・・・・・サービスショットがあるのか?

『世界体操東京2011』が、昨夜放送されていたけれど・・・・
彼女達の胸の方が・・・平だった

2011-10-13.jpg














 


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne