忍者ブログ
*★*―――――*★*【TOPページ】へは・・・「レイン&マリンの部屋」をクリックしてください*★*―――――*★*―――――*★* 【最新記事】【カテゴリー】記事内の【青文字】にはリンクが貼ってあります(#^.^#)✿クリックしてみてくださいね。 『続き』は記事上の[1][2][3]・・・又は記事下の▲▼マークからお願いします。【カテゴリー】の中にお目当てがあったら…ラッキー❤一番簡単です     アンニョン(#^.^#)✿
プロフィール
HN:
レイン & マリン mama
性別:
女性
カテゴリー
2010年の夏から韓国ドラマに嵌りました。歌詞訳は2011年に入ってからです。独学で・・・ただ楽しくて~続けています。 

① 【カテゴリー】の中の名前を直接クリック❤ 
② 記事内の四角の枠の中 ≪2羽の鳥≫左横に 表示されているカテゴリー名(ドラマ名)をクリック❤ 
記事が全て登場します。続きは上の【1】【2】・・・下の▶マークからお願いします 

カテゴリー数が【100】までなのでテキトーに「映画」「ドラマ」の中にポイポイしています(笑) 
現在視聴中のドラマは・・・・ [ mama's Love]より下に表示されているドラマです。
ブログ内検索
コメント
お気軽にコメントくださいね。記事枠内の≪2羽の鳥≫の横にある【Comment】から書き込みが出来ます。横スレも気兼ねなく♡
[12/11 加藤T]
[12/11 加藤T]
[07/25 chonabono]
[07/25 chonabono]
[07/03 yukienee]
[06/26 とわこ]
[06/24 akko]
[06/24 かめ]
[06/24 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/22 akko]
[06/20 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/09 yukienee]
[06/09 テミン]
[06/09 ぽん]
[06/07 Nori ☆”]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カウンター
[1989]  [1987]  [1986]  [1985]  [1983]  [1969]  [1957]  [1956]  [1955]  [1954]  [1953

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画 쌍화점 霜花店(サンファジョム)



2008年12月30日 韓国公開

見る前は・・・・・
ヨ・ジング君だぁ~ソン・ジュンギ氏だぁ・・・・ノ・ミヌ氏も・・・・
キャストの名前で 主役の3人をそっちのけでワクワクしていたのですが・・・・

いざ、始まると・・・・ 文字通り目が釘付け・・・・
R18+  ・・・・ 「美人図」 を思い出して・・・
ラストは・・・・・ 「善徳女王」のピダムを思い出しました。
・・・どっちもナムギル氏だわ

主役の男性陣 チョ・インソン氏とチュ・ジンモ氏よりも・・・・
王妃を演じたソン・ジヒョさんに衝撃    
mamaは 韓ドラスタートの「宮」に出演をした俳優さんには特別な愛着があるのよね・・・
(「チュモン」「階伯」でも見ていても・・・やはり「宮」のヒョリン
鬼気迫る演技で・・・・まさに体当たりの演技でしょうね・・・・

チョ・インソン氏が、あまり好きなタイプではないので・・・・
何か冷めた目で・・・髭が濃いなぁ・・・・徹夜かな・・なんて意地悪な目線のmama

高麗王のチュ・ジンモ氏・・・実際にコムンゴを弾き熟している様に見えました

視聴したばかりだと・・・・・・
3人の気魄の演技に・・・・・圧倒されて『怖い』印象がとても強いです。

一夜明けて・・・・3人の表情が・・・それぞれ脳裏に浮かんできます。


周りの目を気にすることなく真直ぐにホンリムを愛し、見守り、育て上げた高麗王
幼い時から王だけを見て育ち、一生を王に捧げるつもりで生きてきたホンリム

自分の分身となれるのはホンリムだけ、王命として『仕事をこなす』と信じた高麗王
愛する人と想っていた王からの「残酷な命令」と「王妃の涙」・・・そして女人を抱く悦びを知ってしまったホンリム
敵国に嫁ぎ、王だけが頼りなのに・・・王はホンリムを寵愛・その憎いホンリムに抱かれなければならない王妃

身体を重ねるごとに・・・・欲情から情愛へと変わっていった王妃とホンリム
気付いた高麗王の激しい嫉妬 ・・・・メッチャ怖い表情でした

まさに目を離せないんですよ~~~   

ラストは・・・王の夢で見た2人でした。柔らかい2人の表情が優しく締めくくっているのかな・・・・
ソン・ジヒョさん・・・彼女の役柄の取り方なのかしら・・・いつも冷たく感じてしまうのよね。
刺繍した鉢巻を手渡す時は・・・恥じらいを・・・
一緒に逃げようと言ったときには・・・すがる可愛さを表した方が「男」と違う「女」を意識させられたかと思います。
王妃は ホンリムの忘れ形見を、世子として育てるのでしょうね・・・・
(女は・・・怖い・・・


(横道に逸れてばかりで・・・・「光と影」ゴールできるかな・・・・・




PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne