忍者ブログ
*★*―――――*★*【TOPページ】へは・・・「レイン&マリンの部屋」をクリックしてください*★*―――――*★*―――――*★* 【最新記事】【カテゴリー】記事内の【青文字】にはリンクが貼ってあります(#^.^#)✿クリックしてみてくださいね。 『続き』は記事上の[1][2][3]・・・又は記事下の▲▼マークからお願いします。【カテゴリー】の中にお目当てがあったら…ラッキー❤一番簡単です     アンニョン(#^.^#)✿
プロフィール
HN:
レイン & マリン mama
性別:
女性
カテゴリー
2010年の夏から韓国ドラマに嵌りました。歌詞訳は2011年に入ってからです。独学で・・・ただ楽しくて~続けています。 

① 【カテゴリー】の中の名前を直接クリック❤ 
② 記事内の四角の枠の中 ≪2羽の鳥≫左横に 表示されているカテゴリー名(ドラマ名)をクリック❤ 
記事が全て登場します。続きは上の【1】【2】・・・下の▶マークからお願いします 

カテゴリー数が【100】までなのでテキトーに「映画」「ドラマ」の中にポイポイしています(笑) 
現在視聴中のドラマは・・・・ [ mama's Love]より下に表示されているドラマです。
ブログ内検索
コメント
お気軽にコメントくださいね。記事枠内の≪2羽の鳥≫の横にある【Comment】から書き込みが出来ます。横スレも気兼ねなく♡
[12/11 加藤T]
[12/11 加藤T]
[07/25 chonabono]
[07/25 chonabono]
[07/03 yukienee]
[06/26 とわこ]
[06/24 akko]
[06/24 かめ]
[06/24 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/22 akko]
[06/20 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/09 yukienee]
[06/09 テミン]
[06/09 ぽん]
[06/07 Nori ☆”]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カウンター
[1683]  [1682]  [1681]  [1680]  [1678]  [1676]  [1675]  [1674]  [1673]  [1672]  [1671

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フルハウス TAKE2



楽しそうなドラマは ないかな~~~
『イケメン』に惹かれて・・・「僕らイケメン青果店」を見始めたんだけれど・・・・
ファン・シネさんが演じるガンソンが 思いっきり!ドロドロ韓国ドラマのキャラで・・・
極度の意地悪は避けたい気分で・・・2話で・・・リタイア
まだイケメン君たちも登場していないのに・・・ちょっと心残り

「フルハウス TAKE 2」   面白そう
日韓中の3カ国共同製作、撮影も韓国の他、日本では香川県の高松と小豆島、そして中国・広州と、3カ国でのロケによる破格の大スケールのラブコメディ・ドラマとのこと・・・
ミニシリーズ初!!の韓国・日本・中国ほぼ同時上映

まさしく・・・『今』を感じて・・嬉しくなっちゃったのですが・・・・・
mamaには・・良くない事もあった・・・
英語字幕サイト・動画をUPしてくれる中国サイト・・・ことごとく『削除』されていました。
そっか~!一致団結したら・・・・こうなるんだぁ・・・・
しかし・・・遅れてUPもあった。「いたちごっこ」ね・・・

OSTも正式な発表では まだPart1の1曲だけなんですね・・・・
何曲 入るのかしら・・・こちらも注意していないとね


本作への出演オファーが来たときは、どう思いましたか。なぜこの役を受けようと思ったのですか。

★ノ・ミヌ:X JAPANのYOSHIKIプロデュースのロックバンド「TRAX」の出身
本作ではアイドルデュオ「TAKE ONE」のイ・テイク役として、演技に加え、歌・ドラム・ピアノとパフォーマーとしての魅力を十二分に発揮!

「フルハウス」はアジアでとても有名だったので50%悩みましたが、100%(わたしが)やらなくては、と思いました。18歳のときに日本でバンド活動をしていたのですが、20歳のときに韓国に戻りエキストラから演技の勉強をしました。そして今、この役をいただけてすごく幸せです。

★ファン・ジョンウム:・ヒロインのチャン・マノクを演じるのは 韓国で最高視聴率21.6%を記録した「私の心が聞こえる?」や「ジャイアント」、「ゴールデンタイム」など、女性主人公として今もっとも忙しい若き名女優。

「フルハウス」は見ていたので、話が来たときは飛び上がるほどうれしくてすぐにやりたい、と言いました。夢のような気持ちです。

★パク・ギウン:「TAKE ONE」のもう一人のメンバーのウォン・ガンフィ役には「ザ・ミュージカル」「ザ・スリングショット 男の物語」などで注目

「フルハウス」を見て俳優を目指したほどでした。3カ国共同ということで意味のある作品になると思いました。わたしはもうすぐ30歳になるのですが、歳をとる前にこういう明るい役を演じたかったのでうれしいです。ベストを尽くしたいと思います。
 

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne