忍者ブログ
*★*―――――*★*【TOPページ】へは・・・「レイン&マリンの部屋」をクリックしてください*★*―――――*★*―――――*★* 【最新記事】【カテゴリー】記事内の【青文字】にはリンクが貼ってあります(#^.^#)✿クリックしてみてくださいね。 『続き』は記事上の[1][2][3]・・・又は記事下の▲▼マークからお願いします。【カテゴリー】の中にお目当てがあったら…ラッキー❤一番簡単です     アンニョン(#^.^#)✿
プロフィール
HN:
レイン & マリン mama
性別:
女性
カテゴリー
2010年の夏から韓国ドラマに嵌りました。歌詞訳は2011年に入ってからです。独学で・・・ただ楽しくて~続けています。 

① 【カテゴリー】の中の名前を直接クリック❤ 
② 記事内の四角の枠の中 ≪2羽の鳥≫左横に 表示されているカテゴリー名(ドラマ名)をクリック❤ 
記事が全て登場します。続きは上の【1】【2】・・・下の▶マークからお願いします 

カテゴリー数が【100】までなのでテキトーに「映画」「ドラマ」の中にポイポイしています(笑) 
現在視聴中のドラマは・・・・ [ mama's Love]より下に表示されているドラマです。
ブログ内検索
コメント
お気軽にコメントくださいね。記事枠内の≪2羽の鳥≫の横にある【Comment】から書き込みが出来ます。横スレも気兼ねなく♡
[12/11 加藤T]
[12/11 加藤T]
[07/25 chonabono]
[07/25 chonabono]
[07/03 yukienee]
[06/26 とわこ]
[06/24 akko]
[06/24 かめ]
[06/24 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/22 akko]
[06/20 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/09 yukienee]
[06/09 テミン]
[06/09 ぽん]
[06/07 Nori ☆”]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カウンター
[3055]  [3054]  [3053]  [3031]  [3017]  [3016]  [3015]  [3014]  [3013]  [3012]  [3011

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

温かい一言  17話より

뼈아픈 후회-황지우
痛恨の後悔 - ファン・ジウ
슬프다.
내가 사랑했던 자리마다 모두 폐허다.

나에게 왔던 모든 사람들,
어딘가 몇 군데는 부서진 채 모두 떠났다.

내 가슴 속엔
언제나 부우옇게
바람에 의해 이동하는 사막이 있고,
뿌리 드러내고 쓰러져 있는 갈퀴나무
그리고 말라 가는 죽은 짐승 귀에 모래 서걱거리는

어떤 연애로도
어떤 광기로도
이 무시무시한 곳에 까지
함께 들어오지는 못했다.

내 꿈틀거리는 사막이,
그 고열의 에고가 벌겋게 달아올라 신음했음으로
내 사랑의 자리는
모두 폐허가 되어 있다.

아무도 사랑해 본 적이 없다는 거,
언제 다시 올지 모를 이 세상을 지나가면서
내 뼈 아픈 후회는 바로 그거다.

그 누구를 위해 그 누구를 사랑하지 않았다는 거
젊은 시절,
도덕적 경쟁심에서
내가 자청한 고난도
그 누구를 위한 헌신은 아니었다.

나를 위한 헌신, 나를 위한 나의 희생, 나의 자기 부정
그러므로 나는 아무도 사랑하지 않았다.
그 누구도 걸어 들어온 적 없는 나의 폐허
다만 죽은 짐승 귀에 모래알을 넣어주는 바람 뿐

悲しい
私が愛した場所は全て廃墟になった

私の元に来た人々は
何ヶ所か傷を負ったまま皆去ってしまった

私の胸の中には
いつもブウヨッゲ
風によって移動する砂漠があり、
根元を現して倒れている熊手木
そして干からびていく死んだ獣の耳に砂ざくざくする

どんな恋愛でも
どんな狂気にも
この凄まじい所にまで
一緒に入ることはできなかった。

私を砂漠が、
その高熱のエゴが真っ赤になって呻吟したことで
私の愛の場所は
すべて廃墟になっている。

誰も愛して見たことがないということ、
いつまた来るか分からないこの世の中を通り過ぎながら、
私の骨身にしみる後悔はまさにそれだ。

その誰かのためにその誰かを愛さなかったということ
若い時代、
道徳的な競争心から
私が自ら要望した苦難も
その誰かのための献身ではなかった。

私のための献身、私のための私の犠牲、私の自己否定
だから僕は誰も愛さなかった。
その誰も歩いて入ってきたことのない私の廃墟
ただ死亡した動物の耳に砂粒を入れる風だけ

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne