忍者ブログ
*★*―――――*★*【TOPページ】へは・・・「レイン&マリンの部屋」をクリックしてください*★*―――――*★*―――――*★* 【最新記事】【カテゴリー】記事内の【青文字】にはリンクが貼ってあります(#^.^#)✿クリックしてみてくださいね。 『続き』は記事上の[1][2][3]・・・又は記事下の▲▼マークからお願いします。【カテゴリー】の中にお目当てがあったら…ラッキー❤一番簡単です     アンニョン(#^.^#)✿
プロフィール
HN:
レイン & マリン mama
性別:
女性
カテゴリー
2010年の夏から韓国ドラマに嵌りました。歌詞訳は2011年に入ってからです。独学で・・・ただ楽しくて~続けています。 

① 【カテゴリー】の中の名前を直接クリック❤ 
② 記事内の四角の枠の中 ≪2羽の鳥≫左横に 表示されているカテゴリー名(ドラマ名)をクリック❤ 
記事が全て登場します。続きは上の【1】【2】・・・下の▶マークからお願いします 

カテゴリー数が【100】までなのでテキトーに「映画」「ドラマ」の中にポイポイしています(笑) 
現在視聴中のドラマは・・・・ [ mama's Love]より下に表示されているドラマです。
ブログ内検索
コメント
お気軽にコメントくださいね。記事枠内の≪2羽の鳥≫の横にある【Comment】から書き込みが出来ます。横スレも気兼ねなく♡
[12/11 加藤T]
[12/11 加藤T]
[07/25 chonabono]
[07/25 chonabono]
[07/03 yukienee]
[06/26 とわこ]
[06/24 akko]
[06/24 かめ]
[06/24 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/22 akko]
[06/20 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/09 yukienee]
[06/09 テミン]
[06/09 ぽん]
[06/07 Nori ☆”]
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
カウンター
[2019]  [2018]  [2017]  [2016]  [2015]  [2014]  [2013]  [2012]  [2011]  [2010]  [2009

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

剣士 ペク・ドンス  ゴール♪

25話予定が・・・好評により+4話

漫画が原作であっても・・・決して引けを取っていない!!と思えるほどの美しい太刀裁き・アクション

チョン・グァンリョル氏も、最早50代・・・・
片手を失った剣仙役・・・(代役かな?と、思える部分もありましたが)片手で刀を振り回すだけでも重労働でしょう・・・
かなり足も上がって・・・決まっていました

チ・チャンウク氏のペク・ドンス役も・・・・ですが・・・・
ユ・スンホ君の軽やかなジャンプ・舞うような美しさ・・・・・・
(軍隊でも元気かなぁ・・・・・

子供頃からそのまんま成長したドンス・・・ヨ・ジング君からチ・チャンウク氏へは 上手くバトンが渡り・・・・
悲しみを怒りに変えていた少年時代のヨ・ウンは・・・パク・コンテ君は本当に憎らしく思えるほど上手く演じていました。
そして大人になって・・・この悲しみをさらに切なく演じたスンホ氏・・・・

陰謀・策略の面白さよりも・・・・・『情』に重きを置いているところがお気に入り

mamaとしては・・・・予定通り 25話で終わって欲しかった。  
20話からどんどん24話まで
25話・・・・・24話終わりの繰り返し冒頭15分・・・またも泣いて
場面変わって・・・・・・・・・・・・・・・・変わり過ぎでしょう~~~
急いで継ぎ足したぶん 別の方向へ進みだしちゃった。

・資金集めの賭博場・・・・剣仙・先代天・・・真珠には刀を持たない生活を望んでいたのに・・・賞金稼ぎしているし~
・流れ星に見せかけた凧
・祈祷師・民を使った  噂作り

おいおい~~~これって他のドラマで見たよぉ~~~
まぁ・・・・『イ・サン』と時代は同じだけれども・・・・あっちは『策略』の面白さ・・・
こっちは『情』重視じゃなかったのぉ・・・・
あの不気味な 黒紗燭籠の人(イン)さえも・・・改心させたし・・・チビスケとの関わり・・・・
涙を誘われたわよぉ・・・・・
ウンのことも・・・「誰も殺さなかったんだな。あいつは一人で全て背負ってきた。わかってやれ、受け入れてやれ・・・」って、剣仙も言っていて・・・みんな受け入れる心だったはずが・・・・
またもや信じられず、疑って懸かってしまう事になってしまって・・・・・変でしょ?この流れ・・・・
変なものを詰め込んだおかげで・・・・ヨ・ウンの最期が軽くなってしまったようで残念です。
あっけらかんとした態度のチョリプにも腹が立ってきて・・・あんたのデレデレの恋なんて見たくない
(なんせmamaは、ヨ・ウンですから・・・

脇役に至っても・・・・・主役になれる見所が用意されていて・・・・
役者さんたちも気分が良かった作品ではないかな

OSTも好きだし・・・・見て良かった作品でした


PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne