忍者ブログ
*★*―――――*★*【TOPページ】へは・・・「レイン&マリンの部屋」をクリックしてください*★*―――――*★*―――――*★* 【最新記事】【カテゴリー】記事内の【青文字】にはリンクが貼ってあります(#^.^#)✿クリックしてみてくださいね。 『続き』は記事上の[1][2][3]・・・又は記事下の▲▼マークからお願いします。【カテゴリー】の中にお目当てがあったら…ラッキー❤一番簡単です     アンニョン(#^.^#)✿
プロフィール
HN:
レイン & マリン mama
性別:
女性
カテゴリー
2010年の夏から韓国ドラマに嵌りました。歌詞訳は2011年に入ってからです。独学で・・・ただ楽しくて~続けています。 

① 【カテゴリー】の中の名前を直接クリック❤ 
② 記事内の四角の枠の中 ≪2羽の鳥≫左横に 表示されているカテゴリー名(ドラマ名)をクリック❤ 
記事が全て登場します。続きは上の【1】【2】・・・下の▶マークからお願いします 

カテゴリー数が【100】までなのでテキトーに「映画」「ドラマ」の中にポイポイしています(笑) 
現在視聴中のドラマは・・・・ [ mama's Love]より下に表示されているドラマです。
ブログ内検索
コメント
お気軽にコメントくださいね。記事枠内の≪2羽の鳥≫の横にある【Comment】から書き込みが出来ます。横スレも気兼ねなく♡
[12/11 加藤T]
[12/11 加藤T]
[07/25 chonabono]
[07/25 chonabono]
[07/03 yukienee]
[06/26 とわこ]
[06/24 akko]
[06/24 かめ]
[06/24 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/23 はるぴょん]
[06/22 akko]
[06/20 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/10 yukienee]
[06/09 yukienee]
[06/09 テミン]
[06/09 ぽん]
[06/07 Nori ☆”]
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
カウンター
[2076]  [2075]  [2074]  [2509]  [2508]  [2073]  [2072]  [2071]  [2070]  [2069]  [2068

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

馬医 ゴール♪

感想を先に  ここまで書いたところで・・・・
視聴率でしたら・・・・
mamaの感想にぴったりな記事がありました。
記事から抜粋して~~に貼り付けます   

元記事・・こちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全50話 飽きることなく・・・・ゴールをしました。
決して悪くはない・・・・・良い方だと思うのだけれども・・・・・・
盛り上がりの山が 低かった気がします。

『「馬医」は放送中、常にありきたりで陳腐な展開から抜け出すことができなかった。イ・ビョンフン監督の前作「ホジュン~宮廷医官への道」(1999年)、「宮廷女官チャングムの誓い」(2003年)とすべてが似ていた。テーマや登場人物が違うだけで、低い身分の主人公があらゆる困難を乗り越え、成功するというところがそうだ。』

『「馬医」のストーリーは非常に単純だ。3つのパターンだけが繰り返された。試練に直面した主人公が困難を乗り越え、成長するという“試練、克服、成長”の3要素がそれだ。同じ内容を繰り返し、流れについていけない視聴者でもストーリーを理解することができた。それは長所ともなるが、新しい視聴者を確保することにおいては弱点であった。』


ペク・クァンヒョンの
「この方法しか 助ける道はないんです!!!!」も 多用し過ぎると・・・・
ハラハラドキドキ・・・よりも・・・・あ~~~~またぁ~~~
全作品に触れて書かれていますが・・・ドラマ内でも同じ事・・・「好評な部分」を繰り返してもねぇ・・・

『前作の成功をそのまま踏襲した。似たようなストーリーを繰り返すマンネリズムに陥ったのだ。予測が可能だというのが致命的な弱点だった。「馬医」が楽々と視聴率20%台を突破することができなかった理由がそれだ。』


役者さんたちは・・・好演していただけに・・・・
特に脇役さんたちの『味』のある演技

『「馬医」は様々な面で残念な作品だったが、チョ・スンウの演技には異見がなかった。映画やミュージカルで培った安定した実力はドラマでも発揮された。「馬医」が度を過ぎた陳腐さを克服できたのは、チョ・スンウの演技力があったためだ。

「昼は貞淑で夜は遊べる女性」(PSYの「江南(カンナム)スタイル」の歌詞をパロディした台詞)という台詞を図々しく発するチョ・スンウの演技に、同ドラマは追いついていなかった。チョ・スンウをはじめとする俳優たちの演技は輝いていたが、作品は古く、陳腐だった。陳腐を通り過ぎありきたりな内容だった「馬医」の台本にもどかしさを感じる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne